▷▷▷ 台北おすすめグルメ ▷▷▷

アンホーホテル 宜蘭・羅東(安禾時尚旅館・ANHO HOTEL)に泊まってみた。

ニーハオ!ショウロンポーです。

今回泊まってみたのは、台湾の宜蘭・羅東にあるドミトリータイプの部屋もあるホテル「アンホーホテル 宜蘭・羅東(安禾時尚旅館・ANHO HOTEL)」です。

アンホーホテル 宜蘭・羅東の場所は台湾鉄道の羅東駅を出て徒歩で1分かからないぐらいです。

すごく近いです。

羅東駅を出て右沿いを歩くとあります。

外観は田舎のラブホテルみたいですけど(笑)

入り口ここです。

フロントまでエレベーターで上がります。

フロントこんな感じです。

スムーズにチェックインできました。

フロントにある共有スペースというか椅子はこんな感じ。

さて宿泊するお部屋に行ってみましょう。

廊下のライティングが暖かい色ですね。

ドミトリー部屋はこんな感じです。

2段の堀穴式ベッドが4つあり8人部屋です。

おそらく男女のドミトリー部屋がひとつずつあるっぽいです。

セキュリティーボックスを開くとミネラルウォーターとタオル。

シャンプー、ボディソープ、かみそり、コーヒー、お茶などありました。

テレビ付きでした。

台湾はテレビ付きのドミトリーが急速に増えているみたいですね。

部屋に共有の冷蔵庫とケトルもありました。

部屋にトイレX1、シャワーX2ありました。

シャワーが2つあるのはいいですね。

結構広々とした水回りでいい感じです。

ドアで隠れていますが、洗面台も2つあります。

そして朝食が無料で付くんですね。

ホテルの外に出て、朝食会場に行かないといけません。

朝食は中華式か西洋式を選べて、中華式だとおかゆセットで西洋式だとワッフルセットです。

西洋式を頼みました。

こんな感じでコーヒーとかパンとか食べれます。

注文してからワッフルを作ったみたいで少し時間がかかりました。

味は普通ですけど、無料なのでありがたいですね。

まとめ

・台湾の東海岸側のバックパッカー宿、ゲストハウスは花蓮、台東にはたくさんあるけどそれ以外はほぼ皆無なので台湾一周するバックパッカーや格安旅行を計画している人にはすごく重宝する場所にあるホテルだと思う。・実際にバイクで台湾一周旅行をしているバックパッカーが宿泊していた。

・台湾鉄道の駅近くなのでバイクや自転車などの足がなくても台湾鉄道で一周する際に気軽に寄れるし泊まれる。

・ドミトリー部屋のスペックも高く、朝食も付いているし、台湾の安宿の中でも上位にはいるハイレベル、ハイスペックの安宿。

・格安で台湾一周するバックパッカーには今後、定番になる宿だと思う。

・台北旅行だけではなく田舎にも足を伸ばしたい人や九份や猴洞と合わせてここに宿泊するのもありだと思う。

・花蓮を旅行する人もここを含めると楽しいと思います。

・穴場で超オススメです。

・僕が宿泊したときはじゃらんnet海外で予約して一人一泊1700円ちょっとでした。

アンホーホテル 宜蘭・羅東(安禾時尚旅館・安和精品旅館・ANHO HOTEL)

アンホーホテルの最新の宿泊料金、空室状況、口コミ、予約は下記でチェックしてください。

【Expedia】アンホーホテル
【Booking.com】アンホーホテル
【agoda】アンホーホテル
【じゃらんnet】アンホーホテル