▷▷▷ 台北おすすめグルメ ▷▷▷

【VISA】台湾のビザの種類・旅行・ワーホリ・留学・リタイアメント

台湾は90日以内の観光であればノービザで行く事が可能です。

観光に限らず短期で語学学校に行くなども90日以内であればノービザで可能です。

90日以内の出国入国を繰り返して台湾で生活していらっしゃる方もいるようです。

ビザに関しては変更などありますので台北駐日経済文化代表処などでダブルチェックをしていただければと思います。

ビザなどの申請は日本国内ですと台北(駐日)経済文化代表処になります。

1、ノービザ・観光

一定の条件を満たせば90日以内はノービザです。
旅券・パスポートの残存期限が6ケ月以上(日本旅券は3ヶ月以上、アメリカ旅券は予定滞在日数以上)。
正式な旅券に限ります。緊急、臨時旅券或いはその他の非正式な旅券等は適用されません。
台湾から帰国するための予約済み航空(乗船)券、或いは次の目的地への航空(乗船)券及びその有効査証を提示すること。
入国審査上に特に問題がない方。

2、停留ビザ

3、商務ビザ

4、居留ビザ

5、定年退職者向けマルチビザ

6、ワーキングホリデービザ

帰国するチケットは必要?

LCCなどの普及により片道券だけの購入が可能ですので、片道券だけで行く方がいらっしゃいますが、空港のチケットカウンターもしくは出国カウンターで帰国のチケットの提示を求められる場合が多々あり。帰国の空港券を求められる場合がありますので購入しておいてください。

聞いた話ですと帰国便のチケットを買ってくださいと言われたり、責任を追わないという誓約書を書かされたりするという話を聞いた事があります。各種ビザを持っている場合はビザによっては帰国便のチケットが必要ではない場合もありますので絶対ではありません。

入出国を繰り返し続けても大丈夫?

台湾に限っては入出国を続けて10年程度生活している日本人の話を噂で数名ほど聞いた事はあります。ビザランという方法ですね。

入国できなかったという話は聞いたことはないので大丈夫だとは思いますが、ビザなどの事情は急に変更する場合がありますので絶対大丈夫とは言えませんし、怪しまれるとは思います。

ビザの期限を過ぎてしまったら?

台湾でビザの期限を過ぎてしまったなどの人は結構いると思います、ビザの期限を過ぎてしまって不法滞在をしてしまった場合、期間によって罰金が違い罰金が発生します。そして一年間の間、台湾にノービザでは入国できなくなります。

一年間の間に台湾に行きたい場合はなにかしらのビザを取得してからではないと台湾に入国できなくなります。

日数には若干余裕を持って帰国もしくは出国することをおすすめします。