▷▷▷ 台北おすすめグルメ

ダックステイ ホステル 台北(Duckstay Hostel・大可居青年旅館)ゲストハウスに泊まってみた。

今回の宿泊したゲストハウスは台北MRT龍山寺駅近くの「ダックステイ ホステル(Duckstay Hostel・大可居青年旅館)」です。

最近オープンしたばかりのゲストハウスっぽいです。

MRT龍山寺駅の3番出口からが一番近いです。

地図を見とけば行くまでの道のりで迷う要素はないと思われます。

ドアはここだよー。

かなりお洒落な感じになってますねー。

本当に台北のゲストハウスはお洒落なところが増えまくりですね。

はい、自動ドアではありません、ボタン押しても開きませんでした。

受付を済ませてカードがないと開かない仕組みなので、ノックしてください。

初めて来た方はノックすると開けてくれます。

カードキーのデポジットとして200台湾元現金で必要でした、チェックアウトの際にカードキーを返却すると200元返してくれます。

受付を済ますと1日分のシャンプーとボディソープをくれました!

結構部屋数ありますね。

僕が泊まったのはドミトリー部屋です。

お洒落なゲストハウスは黒を基調しているドミトリーが多いですね。

2段ベッドが6台あったので一部屋で12人も収容可能です、この日は8人ぐらい泊まってたような気がします。

そしてエアコンが効きまくってて激寒でした、寒いの好きな人にはたまらないですけど、寒がりな人は厚着が必要だと思います、僕は寒すぎてヒートテックタイツ履いて寝ました。

このセキュリティーボックスの鍵はどこかというと。

ドアの横のここにカードキーをかざすと開きます。

10秒以内に開けないと自動的に締まります。

テクマクマヤコンと言いセキュリティーボックスを開けると中にはまくらと掛け布団がありました。

ベッドはこんな感じ、奥にはライトとコンセントがありました。

シャワールームは地下にあり、ここに入るにもカードキーが必要でした。

どこに行くにもカードキーが必要です。

シャワーヘッドの位置が低すぎるw、設計ミスなのか意図してこうなのかは不明。

シャンプーを流すにも手でシャワーヘッドを持たないとだめです、超不便です。

バケツにもらったシャンプーとボディソープのゴミを入れます。

シャワールームの洗面所はここです、右にドライヤーありました。

シャワールームに行くためにはフロントを通過しないと行けないので、ちょっとあれですね。

同様に地下の共有スペースはこんな感じです。

奥にデザイン事務所もあって、イベントスペースみたいなのもあってゲストハウスだけの共有スペースではないみたいです。

キッチンですが、使ってもよさそうな雰囲気ではなかったです、、、聞いてないけど。

お洒落、オシャレ、おしゃれですね。

ダックステイ ホステル(Duckstay Hostel・大可居青年旅館)予約サイト

僕は1泊1900円弱でドミトリー部屋に泊まれました。

オープンしたてでとても綺麗だったので快適でした。

近くに龍山寺や華西街観光夜市があるから観光にもべんりですよ。

西門町にも歩いていける距離にあるので西門町いくにも便利です。

大型スーパーのカルフールも近いです。

【Expedia】Duckstay Hostel
【agoda】Duckstay Hostel
【Booking.com】Duckstay Hostel
【じゃらんnet】Duckstay Hostel

ダックステイ ホステル(Duckstay Hostel・大可居青年旅館)の場所・行き方

MRT龍山寺駅から歩いて6分ぐらいで行けます。

道中、一回左折するだけで到着できますよ。