▷▷▷ 台北おすすめグルメ ▷▷▷

パーク シティ ホテル 永和 台北(Park City Inn & Hostel Yonghe Taipei・晶贊都會旅店)に泊まってみた。

ニーハオ!ショウロンポーです。

今回、台湾旅行で宿泊したのはこれだ!

その名も「パーク シティ ホテル 永和 台北(Park City Inn & Hostel Yonghe Taipei・晶贊都會旅店)」です。

パーク シティ ホテル 永和 台北の場所は台北の地下鉄MRTの頂溪駅の1番出口の上です。

駅ビルに入っているので、駅から徒歩0秒で着きます。

駅の出口さえ間違わなければ、迷わないです。

といいつつ、ぼくは余裕かまして2番出口に行ってしまい、間違いました(笑)

頂溪駅の1番出口を出るとすぐ目の前に駅ビルのエレベーターがあるので、これで3階のフロントまで上がります。

3階に上がるとすぐにフロントがあり、その横はおしゃれな共有スペースがあります。

奥に無料のコーヒーマシーンがあります。

キッチンと共有PCもあります。

フロントはこんな感じ。

ソファの座り心地が良い感じ。

チェックインする際にまだ客室の清掃が終わってないので30分ほど待たされました。

なんか謎のものが。

どうやらペダルを回すと発電するみたいです。

運動しながらスマホとか充電できるみたいですね。

さて30分ほど待たされて、ようやく部屋に行けます。

8人部屋でした。

自分で暗唱番号を決めて締めることができる、セキュリティーボックスでした。

中に布団と枕が入っていました。

ドミトリー部屋のベッドはこんな感じ。

ライトと電源類と鏡あり。

トイレ、洗面台に行ってみましょう。

男性用はシャワルームX3、トイレX3でした。

台湾では珍しい脱衣場とシャワルームに区切りがあるタイプでした。

これは良いですね。

シャンプーとボディソープもあり。

有料の洗濯機と乾燥機が5階にありました。

洗剤は無料でありました。

アイロンもありました。

朝食が無料で付きました。

朝食は地下一階の喫茶店でいただけます。

チェックインの時にハンバーガーか蛋餅か聞かれるので、選んでおきました。

一応、朝食の時に再度聞かれました。

ハンバーガーと豆漿を頼みました。

あまり期待してなかったのですが、結構ボリュミーなハンバーガーでフライドポテトとサラダも付きました。

店内もかなり広くていい感じでした。

パーク シティ ホテル 永和 台北の近くには樂華夜市があり観光も楽しめました。

まとめ

・まだオープンしたばかりなので綺麗でした。・朝食無料。

・駅徒歩0分。

・台北駅からはやや離れていますが、こういうところに安宿をオープンしてくれるのはありがたい。

・樂華夜市が近い。

・ぼくが宿泊したときはじゃらんで予約して、一人一泊1,600円弱でした。

パーク シティ ホテル 永和 台北(Park City Inn & Hostel Yonghe Taipei・晶贊都會旅店)

パーク シティ ホテル 永和 台北の宿泊料金、空室状況や口コミは下記で確認できますよ。

【Expedia】Park City Inn & Hostel
【Booking.com】Park City Inn & Hostel

【agoda】Park City Inn & Hostel

ホテル・ゲストハウス宿泊
ホテル予約

ホテル予約サイト
空室状況をチェックする

Booking.com

agoda

おすすめレンタルWiFi

安い
海外レンタルWiFiをチェック

イモトのWiFi

グローバルWiFi(1000円オフ)

この記事が気に入ったら
\ いいね!讚!
最新情報をお届け
ショウロンポー

台湾旅行好きの編集長が台湾旅行に楽しさと美味しさをdipするブログメディア「台湾を歩く」をお届けします!

ショウロンポーをフォローする
\ S H A R E /
\ 関 連 記 事 /



台湾を歩く