▷▷▷ 台北おすすめグルメ ▷▷▷

Six Star Hostel 台北(シックス スター ホステル・六星級背包客)のテレビ付きドミトリーに泊まってみた。

今回、台湾旅行で宿泊したのははこちら「VIA HOTEL」ではございません。

VIA HOTELの上の4階のホテル「Six Star Hostel(シックス スター ホステル・六星級背包客)」です。

看板がとても小さくあるので難易度高いのでこちらVIA HOTELを目印に行ってください。

ここの右の通路をとりあえずまっすぐ行きましょう。

あれなにやら見えますね。

やっと小さい看板が見えました。

この看板以降なにも案内表示はないので気をつけましょう。

左に曲がっていくとエレベーターがあるので乗って4階に行きましょう。

やばい、エントランスが豪華。

なんということでしょうか。

エントランスが煌びやかです。

ホテル予約サイトで見ていた通り、なんか豪華ですね。

エントランスが広いけど、なんか寂しい気もする。

丁寧な感じでチェックインしていただきました。

チェックインは遅めの5時から開始なので、気をつけましょう。

休憩スペースはこれだけだったと思います。

ドミトリー部屋。

ドミトリーのベッドはこんな感じで8人部屋でした。

部屋の天井めっちゃ高いよぉー。

やばい、二段目ベッドで立てれる。

立って着替えができる。

ベッドの作りがとてもしっかりしてる。

テレビモニターもついてる。

二段目から下を見るとこんな感じ。

そしてシャワー、トイレが部屋の中にあるタイプ。

うれしいセパレートタイプ。

ピンと張られたシーツ。

カード式で電源オンするタイプ。

なぜかテレビモニター付き。

HDMI端子とかもあるからノーパソとつなげばモニター代わりにもできる。

音声はオーディオ延長ケーブルで枕元まで来ているので、持参したイヤフォンで聴ける仕組みになっている。

まくらとふとんはセキュリティーロッカーの中だ。

カードキータイプだー。

シャワーだ。

シャンプーとボディーソープは付属しているぞー。

ウォシュレットだー。

ドアの開閉はすごい重かった。

まとめ

・忠孝復興というかなり街中にあるのに格安である、エクペディアで2100円ぐらいだった。・忠孝復興の九份行きバス停も近いので九份に行きたい方も便利。

・台北101とかも近いっちゃ近い。

・テレビがついている、ドミトリー部屋では初めてかな。

・ウォシュレットトイレが付いている、ドミトリー部屋では初めてかな。

・二段目だと天井が高いので立つことが可能。

・ベッドが頑丈。

・カーテンで仕切れるので完全プライベート空間も作れる。

・チェックインが遅めの5時スタート。

Six Star Hostel(シックススター・六星級背包客)

下記、海外ホテル予約サイトより今すぐ予約可能!

【Expedia】
Six Star Hostel
【Booking.com】Six Star Hostel
【agoda】Six Star Hostel
【じゃらんnet】Six Star Hostel