▷▷▷ 台北おすすめグルメ

50嵐のタピオカミルクティー(珍珠奶茶)は3種類のタピオカがある件!

50嵐のタピオカミルクティー(珍珠奶茶)は3種類のタピオカがある件について!

01・50嵐のタピオカミルクティーはいろいろ種類がある。

今回は50嵐のタピオカがちょっとややこしいのでいろいろ話したい。

タピオカが入っているミルクティーでもラテバージョンと粉ミルク(たぶん)がある。

珍珠紅茶拿鐵と波霸紅茶拿鐵がラテバージョンでちょっと割高。

珍珠と波霸の違いを力説すると、大きいタピオカ(波霸)と小さいタピオカ(珍珠)になる。

ちなみにこの違いは50嵐だけである、たぶん。

他のドリンクスタンドなどはこの違いはないはず、珍珠といえば大き目のタピオカが入ってくる。

50嵐では違いがあるので、下に英語でMiniと書いてあるので忘れた場合は英語を見ればオッケー。

02・バイサァーバイサァーと言ってくる場合。

今回、この記事を書こうと思った理由でもあるのだけど、波霸奶茶を頼んだら、50嵐の店員さんがバイサァーバイサァー言ってきたのだ。

バイサァーというのは白いという意味はわかったのだけど、それ以上はわからなかった。

とりま、OK牧場だいと言ってみた。

飲んでみてわかった。

白いタピオカだったのだ。

なんじゃこれ。

初めてだわい。

白玉じゃん。

なんかホワイトタピオカはやわらかい弾力、ブラックタピオカの方が弾力がある。

03・50嵐の波霸(でっかいタピオカ)は営業時間終了2時間前程度から売ってない場合が多い。

50嵐で波霸奶茶を買う場合、夜行くともう売っていない場合が多い。

たぶん、波霸は売り切れたら茹でるのが大変なんだと思う。

欲しい方はお昼頃はおすすめです。

台湾新幹線3日間乗り放題周遊パスで乗りまくってみた!
台北〜高雄の往復がお得になる〜!!