▷▷▷ 台北おすすめグルメ ▷▷▷

85度C。カフェ(台湾)に行ってみた。

ニーハオ!ショウロンポーです。

今回、台湾でパンを買いに行ったのはコチラ「85度C。(咖啡。蛋糕。烘焙專賣店・カフェ、ケーキ、パン・ベーカリー専門店)」です。

「85度C。」は台湾発のカフェ、ケーキ、パン専門店で、今ではアメリカ、オーストラリア、中国、香港などにも進出して急速に広がりを見せているイケイケのチェーン店です。

85度C。は台湾全土のいたるところにあり、台北、台中、台南、高雄などはもちろんのこと離島の金門にもあります。

台湾で僕が見た限りではおそらく3種類の85度C。のお店のタイプがあって、「カフェ、ケーキ、パンが売ってあるお店」、「カフェ、ケーキだけ売っててパンがなくて客席があるお店」、「カフェ、ケーキだけ売ってて客席がほぼないお店」がありました。

さらに言うとWi-Fi、電源があるお店が数少ないですがあるにはあります。

さて今回行った写真の85度C。カフェは高雄の店舗です。

85度C。の中でもなかなか洒落てるデザインのお店です。

今回の目的は85度C。にパンを買いに行ったんですね。

85度C。のパンはなんといっても庶民のお財布にもやさしいリーズナブルな価格なことです。

そして豊富な品揃え!

台湾だと夕方ぐらいにパン屋に行くと品揃えが悪いお店がありますが、85度C。は夕方ぐらいにいっても品揃えがいい場合がよくあります。

そして85度C。のパンは見た目がよろしいのよね〜。

全部おいしそうに見えるわよ。

左下のチョコパンは一時期はまってよく食べてました。

今回、BUYしたのはコチラ「ソーセージパン」38元なりよ。

見てこのおいしそうなソーセージ!

味はハズレでした(笑)

やってしまった、こんなにおいしそうだったのに(笑)

なんだろう、惣菜パンなのに甘め!

そしてケチャップ感がたりない。

台湾人向けの味なんだろうか、日本人の僕的には甘い感じがしてケチャップがもっと欲しくて、しょっぱい感じがよかった。

決してまずくはないけど、おいしくはなかった。

惣菜パンは当たり外れがあるのかもしれない。

もう一個、買いました。

「クリームパン」お値段忘れる、30元くらいかな?たぶん。

こちらは、ふわふわして美味しかったです。

やっぱり甘めの菓子パンは外さない気がする。

あと以前食べた、豆系の雑穀系はすこぶる美味しいです。

85度C。のタピオカミルクティーがおいしくてオススメ!

85度C。は「タピオカミルクティー(珍珠奶茶)」が売ってるんです。

っていうか85度C。って意外と飲料が豊富です。

85度C。のタピオカミルクティー(珍珠奶茶)ミドルサイズ40元なり。

デザインもアメリカナイズ。おしゃれ。

85度C。のタピオカミルクティー(珍珠奶茶)おいしいですよ。

個人的にはシロップを入れると甘すぎるので、無糖(砂糖シロップ)なしで注文しています。

85度C。は豆系のパンとタピオカミルクティーが個人的にオススメです。