▷▷▷ 台北おすすめグルメ

高雄から台中までバスで行く方法(台湾国光バス乗車記)

台湾鉄道高雄駅の横に長距離バス乗り場が複数社ある

台湾鉄道の高雄駅の横に旧高雄駅があり、その横に台湾の長距離バスの会社が複数あります。

ここから台北・台中・桃園・中壢・墾丁・屏東などに行けます。

庶民的なバス会社と貴族のバス会社があって、貴族のバス会社のバスだとフルフラットで電源があってWi-Fiが飛んでてモニタがあったりします。

当然値段も高くなりますけど。

國光客運

台湾といえば國光バスですね。

桃園空港から台北駅までバスで行くときは國光バスですよね。

ご存知の方も多いとおもいます。

今回はここ国光バスに乗りました。

本当は統聯客運(Ubus)に乗ろうと思っていたのですが、国光バスを見たら新しい車両になっていたので今回は国光バスに乗ってみました。

数年前に国光バスで台北から高雄まで乗ったときはちょっとボロい感じで、高雄から台北の帰りに統聯客運(Ubus)に乗ったときの方が快適だったので統聯客運(Ubus)に乗ろうと思っていたのですが。

国光バスの乗車料金はこんな風に入り口に表示してて、現在の価格を表示されています。

このときは台北470元、台中240元、桃園420元。

バスの料金は3段階になっていて、金曜日と日曜日のゴールデンタイムが高くて、深夜の時間帯が安いです。

高雄から台南行きは電車の方が便利だし安いのでおそらくないっぽい。

統聯客運(Ubus)

国光バスの道路を挟んで向かい側に統聯客運(Ubus)がある。

高雄から台北までは470元で値段は国光バスと一緒だけど、台中までは統聯客運がなぜか10元高い250元。

統聯客運(Ubus)の乗り場はこんな感じ。

高雄から台中まで国光バスの乗車記

国光バスで高雄から台中までの乗車チケット240元を購入しました。

国光バスはクレジットカードで購入できます。

統聯客運はクレジットカード使用できません。

今回乗車した国光バスの車両はこちら。

シートはこんな感じ。

二人席と一人席の三列です。

なんとUSB電源が全席ついています。

やるな国光バス。

そしてモニタまで付いています。

やるな国光バス。

電源をつけると数分広告が流れます。

映画以外は全部宣伝系なような気がします。

言語設定で日本語選べますけど、ほとんど日本語になりません、あまり意味がないです。

台湾映画と洋画の人気作が少しありました。

インターテスラーとかホビットとか。

以前、インターテスラーをgoogle play storeで購入して、見始めたら速攻で眠くなり、起きたときは海のシーンで結局見てなかったので、今回もインターテスラーを見たんですけど。

今回も同じように見始めたら速攻寝てしまい、海のシーンで起きて結局見れませんでした。

ヘッドホンの端子をさせるので、ヘッドホンを持参しましょう。

終点は台中駅ですので、台中駅で降りたい方は寝てても大丈夫です。

高雄から台中までバスで3時間30分ぐらいだったかな。

国光バス、モニタもあるし車両も新しくなっていたので快適でした。