▷▷▷ 台北おすすめグルメ

台湾桃園空港から台北駅まで桃園空港MRTに乗ってみた!(料金・路線図・時刻表・2018年)

台湾桃園空港から台北駅まで桃園MRTエアポート線に乗ってみた。

ついに開通した桃園空港線MRT(Taoyuan Airport MRT・エアポート)で桃園空港から台北駅(台北市内)まで桃園空港MRTメトロ地下鉄に乗ってみたのでレポートします。

ニーハオ!ショウロンポーです。

台湾桃園國際空港台北駅をつなぐ空港線MRTがやっと開通しましたね。

今までは、バスタクシーのみしか台北市内へアクセスする方法はありませんでしたが、桃園空港からMRT桃園空港線で簡単に台北駅に早く行けるようになったのでより台湾旅行が便利になりました!

時刻表

台北駅から空港へ(始発・終電)

台北駅から空港への始発午前06:00からです。

台北駅から空港への終電午後23:07です。

空港から台北駅へ(始発・終電)

桃園国際空港ターミナル1

桃園国際空港ターミナル1の台北行き始発午前05:59からです。

桃園国際空港ターミナル1の台北行き終電午後23:36です。

桃園国際空港ターミナル2

桃園国際空港ターミナル2の台北行き始発午前05:57からです。

桃園国際空港ターミナル2の台北行き終電午後23:33です。

(*時刻表は突然変更になる場合がありますので、最新の時刻表を参照してください!)桃園捷運 公式サイト 時刻表(日本語)

台湾桃園空港第1ターミナルに入国してから桃園MRTエアポート駅乗り場の行き方

桃園空港地図

桃園MRTエアポート駅乗り場へは入国して左に曲がり、歩く、左に曲がる、歩くエスカレーターを二回降りる感じです。

桃園空港MRT案内板

桃園機場捷運(Taoyuan Airport MRT)と案内表示がいたるところにあるのでやじるしの方向に進めば駅乗り場へ問題なく到着しますよ。

悠遊カード(EasyCard)

桃園空港イージーカード売り場

入国してすぐにある桃園機場捷運服務で「悠遊カード(EasyCard)」を購入できますよ。

悠遊カードでもMRT桃園空港線に乗れますし、現金でトークンチケットを購入して乗車することも可能です。

桃園空港MRTターミナル1通路

桃園空港の第1ターミナル駅はフードコート横の歩くエスカレーターを降りると地下にあります。

桃園空港MRTターミナル1通路写真2

桃園空港の第1ターミナル駅へ続く通路はこんな感じです。

チケット販売機・交通カードチャージマシーン

桃園空港MRTターミナル1切符売り場

左から銀行ATM、チケット販売機、交通カードチャージマシーンがあります。

桃園空港MRTターミナル1切符の買い方

交通カードを持っていない場合はトークンチケットを購入して乗車可能です。

トークンチケットを買ってみた。

トークンチケットを購入する場合は行き先と乗車券枚数を選びましょう。

桃園国際空港から台北駅までの運賃料金は150元です。

2018年9月までは160元でしたが、2018年10月から150元に値下げになりました!

お金を入れてトークンチケットを購入するとトークンチケットとお釣りがでます。

トークンチケットはこのようなコイン型になっています。

悠遊カードチャージ方法

桃園空港MRTターミナル1交通カードチャージ方法

交通カードのチャージマシーンに悠遊カード(EasyCard)を乗せてみました。

桃園空港MRTターミナル1交通カードチャージ残高

日本語を選択すると日本語表示可能です。

チャージも可能です。

ただしお釣りが出ないようないので注意が必要です。

料金・運賃

料金表

桃園国際空港から台北駅までの運賃料金は150元です。

2018年9月までは160元でしたが、2018年10月から150元に値下げになりました!

KKday割引乗車チケット

KKdayという台湾の旅行会社から外国人限定割引乗車チケットを購入可能です。

少し安く買えます。

KKday 【外国人限定】桃園メトロ 割引乗車チケット:桃園国際空港-台北(片道 / 往復)

MRT空港線料金表詳細

各駅からの運賃表です。

2018年9月までは160元でしたが、2018年10月から150元に値下げになりました!
桃園国際空港ターミナル1駅桃園国際空港ターミナル2駅エアポートホテル駅の間のみ、交通カードで乗車した場合のみ無料です。

台湾桃園空港から台北駅まで一度、途中下車すると安くなる場合があります。

時間に余裕にある方は台湾林口駅で一度途中下車して、台湾林口三井アウトレットパークにいったりもいいかもしれませんね。

参照 → 桃園捷運(Taoyuan metro) 時刻表と運賃の検索

路線図

桃園空港路線図

直達車(快速)は、空港第2ターミナル 空港第1ターミナル 長庚医院駅 新北産業園区駅 台北駅に停車します。

普通車は各駅にすべて停車します。

環北駅方面に行きたい方は普通車のみになりますね。

乗り方

悠遊卡(Easycard)一卡通(iPASS)有錢卡(HappyCash2.0)などの交通カードもしくはトークンチケットで乗れます。

交通カード、トークンチケットを改札口のセンサーにかざします。

台北駅方面に行く場合は間違えずに「往台北」のホームの電車に乗車しましょう。

台北駅方面は「往台北」の「2番ホーム」です。

駅のホームは意外と小さいです。

桃園MRTの列車の内部はこんな感じです。

足が前の席の下に伸ばせないような仕組みになっていました。

スーツケースなどの荷物を置く場所。

地下を走ったり、地上を走ったり。

無線スマホ(iPhone・アンドロイド)充電器

無線スマホ充電器は数は少ないですがあります。

アンドロイドもしくはiPhone専用のアダプタがありアダプタをスマホに装着して充電台に乗せると充電できます。

実際にiPhoneで使用可能でした。

ただ充電しながらスマホを使いにくいので残念な感じです。

無料Wi-Fi

桃園MRTは無料Wi-Fiがあり、乗車中も快適なインターネット無料でiPhoneでもすることができました。

まずはアクセスポイント「TyMetro」を選択します。

接続画面が表示されるので「Agree」を選択。

動画などのスポンサーの広告が強制的に表示されるので、見終わると「Click Here to Free Internet」をクリックするとインターネットが30分できます。

アカウント、メールアドレス、パスワードなどは不要です。

今まで使った台湾の公共Wi-Fiでは一番快適だったように思えます。

【追記】2018年5月ごろ乗車した時はなぜか桃園メトロWiFi使えませんでした。WiFi調子が悪い時は使えない場合もあると思います。

台湾に初めて来たばかりで不安な旅行者の方は心強いサービスですね。

桃園空港に着いた瞬間からインターネットを快適に楽しみたいなら「海外WiFiレンタル イモトのWiFi」を日本でレンタルしていくといいでしょう。

台北駅はこんな感じです。

乗車した感想

今回、実際に桃園空港MRTに乗ってみて無料インターネットも快適にできますし、快速だと桃園空港から約35分で台北駅に到着して時間もバスと違って正確なので、ぼくは今後は桃園空港MRTをガンガン使っちゃいますね。

林口駅に三井アウトレットパークもあるので、帰国前にアウトレットで買い物できたり便利ですね。

【追記】2018年5月ごろ乗車した時はなぜか桃園メトロWiFi使えませんでした。WiFi調子が悪い時は使えない場合もあると思います。

所要時間

乗車時間は35分とバスより早く時間が読めるので予定が立てやすいですね。

桃園空港第1ターミナル~台北駅

直達車35分、普通車45分

桃園空港第2ターミナル~台北駅

直達車37分、普通車47分

台北駅周辺の地図

紫色の駅が桃園空港MRT台北駅です。

台北MRT北門駅が一番近く、次に台湾鉄道駅、台湾新幹線駅、台北MRT台北駅が一番遠いです。

一番遠い台北MRT台北駅まで桃園空港MRT台北駅から歩きましたが10分ぐらいです。

台湾鉄道台北駅台湾新幹線駅台北MRT台北駅桃園空港MRT台北駅はすべて違いますので、一度改札を抜けないと他の駅に入場できないので注意してください。

桃園空港MRT台北駅を地上から見たらこんな感じです。

桃園空港MRT(とうえんくうこうMRT)公式サイト ⇒ 桃園機場捷運(中国語・英語)

台湾桃園国際空港(とうえんこくさいくうこう)公式サイト ⇒ 台湾桃園国際空港(日本語)

台北駅ではインタウンチェックインが便利

チャイナエアライン(中華航空)、エバー(長榮航空)、マンダリン(華信航空)、ユニー(立榮航空)の航空会社で搭乗当日のAM6時〜、搭乗の3時間前まで台北駅でチェックインと荷物の預け入れが可能ですよ。

(2017年5月現在)

バスで台北駅に行く方法は?

今まで通り台湾桃園空港から台北駅までエアポートバスも運行しており、桃園MRTエアポート線より運賃は安いので、節約したい方やバスが好きな方はバスでもいけます。

國光バス(國光客運)1819

桃園空港から台北駅までは國光バスが140元で直通で台北駅まで行けます。

料金

大人:140元
子供:70元
往復:260元

往復だと往復料金安くなりますよ。

さらにKKdayという台湾の旅行会社サイトから購入すると往復チケットがおトクな240元で買えますよ。

KKday 國光客運1819路線往復割引チケット

所要時間

約55~65分

運行時間

24時間体制、10分〜20分間隔

大有バス(大有巴士)1961

各駅停車の大有バスが90元で行けます。

料金

大人:90元
子供:45元

バスと台湾鉄道を組み合わせて最安で行く方法もありますよ。

送迎車

グループで桃園空港からホテルまで車で行きたい場合は送迎車がお得です。

台湾を拠点とするオプショナルツアー販売サイト「KKday」で送迎車を簡単に格安で予約することが可能です。

KKday 台北市内-桃園国際空港:貸切専用車送迎プラン(最大3名乗り)

KKday 【空港送迎】台北市内 桃園国際空港送迎プラン(最大8名乗り)

両替

桃園空港の両替所は数カ所あり、出国してすぐのところに数カ所ありすぐ見つかるので特に調べずに行っても大丈夫です。

日本円の紙幣を差し出すとすぐに台湾ドル両替してくれますので、なにも心配しなくてもいいでしょう。

日本で両替するより台湾で両替したほうがお得なので、台湾で両替しましょう。

海外キャッシングできるクレジットカードを持っている人は桃園空港にあるATM海外キャッシングして引き出してもいいでしょう。

新幹線(台灣高鐵Taiwan High Speed Rail)

台中台南高雄にすぐに行きたい場合は一度、桃園新幹線駅(高鐵桃園站)に行ってから新幹線に乗り換えればいいでしょう。

KKdayから新幹線のチケットを購入すると外国人観光客向けの割引が適応されて安いですよ。

KKday【台北駅発20%割引!!】台湾新幹線割引切符(台湾高速鉄道)※外国人限定

KKday【とってもお得な乗り放題】台湾新幹線パス※外国人限定

深夜到着・早朝フライトにはエアポートホテルが便利

桃園空港の次の駅にあるエアポートホテル「ノボテル台北桃園国際空港ホテル」が深夜到着・早朝フライトには便利です。

空港とホテル間の無料のシャトルバスがありますし、桃園MRTでも交通カードを使用すると無料で乗車することができます。

ホテル予約

ホテル予約サイト
空室状況をチェックする

Booking.com

agoda

楽天トラベル

エクスペディア

ホテル最安一括検索

ホテルの最安値をチェックする

ホテルズコンバインド

おすすめレンタルWiFi

安い
海外レンタルWiFiをチェック

イモトのWiFi

グローバルWiFi(5%オフ)

jetfi

お土産

桃園空港のオススメのお土産(サニーヒルズ・微熱山丘・SunnyHills)

桃園空港にはお土産屋さんがたくさんあります。

出国前と出国後のどちらでもお土産さんがあり、定番商品のパイナップルケーキ台湾茶などが購入できます。

わたしが桃園空港でおすすめするのはターミナル2の2階にある「サニーヒルズ・微熱山丘・SunnyHills」のパイナップルケーキです。

サニーヒルズは台湾の代表するパイナップルケーキブランドでとっても有名で美味しいですよ。

お土産は空港より街中のスーパーマーケットなどで購入するのもオススメです。

台湾・台北スーパーマーケットおすすめ6選!お菓子・お茶・お土産に最適!

プリペイドSIMカード

桃園空港には台湾の各通信会社のお店があり、旅行者でも簡単にプリペイドSIMカードを購入することが可能です。

SIMフリーのスマホを持っている方はプリペイドSIMカードを買って快適なインターネットを旅行中に楽しむことができますね。

SIMフリーのスマホを持ってない方や複数人のグループ、ツアーなどで行く場合はWiFiモバイルルーター「海外WiFiレンタル イモトのWiFi」を日本でレンタルしていくといいでしょう。

台湾林口三井アウトレットパーク

台湾桃園空港から台北駅までの途中に林口駅があり、林口駅徒歩5分ぐらいに巨大なアウトレットパーク「台湾林口三井アウトレットパーク」があります。

映画館レストランも多く、日本のブランドもたくさんあり楽しいですよ。

台北地下鉄MRT(台北捷運)

路線図参照 ⇒ 台北捷運(MRT)路線図

台湾桃園空港から台北駅まで行き台北地下鉄MRTに乗り換えると台北市内のいろんなところに行けますよ!

台北駅からホテルや観光地に行くには台北地下鉄MRTが便利ですね。

台湾・台北のMRT(地下鉄・捷運)路線図、時刻表、運賃
台北捷運MRT(たいぺいMRT)公式サイト ⇒ 台北捷運MRT(日本語)
台湾新幹線3日間乗り放題周遊パスで乗りまくってみた!
台北〜高雄の往復がお得になる〜!!