▷▷▷ 台北おすすめグルメ

台湾の果物屋で見かける「自殺」と「他殺」の中国語の意味とは

台湾の果物屋で見かける「自殺」と「他殺」の中国語の意味を解説します!!

台湾の果物屋で見かける「自殺」と「他殺」の中国語は主に台湾しか使われていない中国語のようで、主に大きい果物のパイナップルなどの場合に果物屋で書かれています。

果物を自分で持ち帰って家で切ることを=【自殺】読み方:ズゥシャー

そのままのパイナップルを購入する場合、自分で切るということ。

果物を果物屋の人に切ってもらうことを=【他殺】読み方:タァシャー

自分で切るのがめんどくさいので切ってもらうことを他殺といいます。

「自殺」と「他殺」を日本人が見るととても怖い漢字ですが、台湾では家にキッチンがない部屋で住んでいる人も多いので、包丁すら持ってない人もいたり、大きいパイナップルを切るのが面倒くさい人もいるのでこういう仕組みがポピュラーにあるみたいです。

もし台湾の果物やでパイナップルを見かけたら【自殺】読み方:ズゥシャー【他殺】読み方:タァシャーと頼んでみてください(笑)

日本でもよくスーパーで他殺されたパイナップルが売っていますね(笑)

パイナップルの「自殺」と「他殺」のテレビニュース

目の前で切ってもらえるパイナップルの【他殺】動画

すでに他殺(カット)されたパイナップルを販売している場合もありますが、注文するとその場で他殺(カット)してくれてとっても新鮮なパイナップルを動画のように買うことができます。