▷▷▷ 台北おすすめグルメ ▷▷▷

【台北】三商巧福で牛肉麵食べてみた。

台湾三商巧福という日本でいうところの松屋もしくは吉野家もしくはすき家もしくはなか卯、的なご飯屋さんに行ってみた。

今まで一度も気にしたことなかった三商巧福

三商巧福が日本に進出するのを知って初めてそういえばそういうお店あったなと思ったぐらい、今までなぜか眼中に入らなかった三商巧福

ということで興味本位で三商巧福に行ってみました。

こちらはMRT信義安和駅の近くある三商巧福の店舗。

この近くに家具だらけの通りがあります、日本でいえば目黒みたいなところでしょうか。

実際食べに行ったのは昼ですが、店の写真は夜に撮りました。

生日慶は誕生祭みたいなことだと思います。

原汁牛肉麵と紅燒排骨飯が77元のキャンペーン価格をしていました。

記憶にないぐらい食べてない牛肉麵を久しぶりに食べてみることにしました。

牛肉麵は嫌いでもないけど注文して食べるほど好きではない。

お店のデザインはシンプルで好きです。

三商巧福の原汁牛肉麵の定価は105元みたいです、28元オフですね、ラッキー。

ちなみに量詞は碗ですね。

原汁はオリジナルソースという意味でしょうか。

酸菜が無料で取り放題みたいです。

辣椒辛そうです。

酸菜味は普通でした、これがあればご飯何杯でもいけません、一杯で十分といったところ。

美味しすぎるとたくさん食べられちゃいますから程よい美味しさでした。

三商巧福の牛肉麵が運ばれてきました美味しそうです。

細麺です、しっかりしています。

牛肉もゴロゴロ入ってました、リブの部分ですかね、牛肉の皮みたいなのが付いてました。

八角がしっかりしていますので、八角が嫌いない人は絶対食べられないと思います。

牛肉麺をあまり食べないので評価しずらいですが、きっと普通の味です。